【絵の悩み】「下手な絵ができてしまった」…と「そんなときの対処法」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

「最近画力が上がってきた!」

そう思っていると、急に変な絵ができてしまうことありませんか…?


↑昨日の筆者が描いたイラストです…。


体のデッサンは狂っているし…

顔の立体感も変…

いつも女の子を描くように気持ちよく描けない…


「ああ…ぼく上達なんてしてなかったんだ…」


しかし、前向きな筆者はこう考えることにしています。

絵の上達は常に右肩上がりではない

画力は、一次関数のグラフのように、キレイに上昇していくわけではありません。

次に描いた絵が、前回より良い絵になっているとは限らないのです。

新しく描いた絵が、底をつくような変な絵になってしまうことだってあります。


それでも絵は描き続けることで上達していくと、筆者は信じていまし、

実際に筆者は、絵が得意ではありませんでしたが、22歳から絵を描き始めて、14年間で画力を成長させてきました。

筆者14年間のお絵描き人生の経験の中には、

次に描いた絵が、前に描いた絵よりドヘタになってしまったことは山ほどあります。


それでも描き続けていると、お絵描き人生全体で見たときには、画力は上がっていっいるのです。

間違わなければ、上手に描ける

成功のコツは失敗しないことです。


そもそも、うまく描けなかった絵って自分の課題ではないでしょうか?

うまく描けなかった絵には、「自分の勘違い」が原因のはずです。


空間の把握が間違っている。

体の構造に理解できていない箇所がある。

アイレベルに対して、体の角度がおかしい。

などなど、描きなれている絵を描いていたからこそ気づけないことが、「失敗した絵」にはつまっています。


間違った絵をただ捨ててしまわずに、自分の理解できていないところを研究してみる。

そうすることで、画力の精度が上がっていくのではないでしょうか?

(あえて描けないものは描かないというのも手ですしね。描けないものを知っておくのも大事なことです。)

間違うからこそ上手くなる

筆者が絵描いているときに

「この描き方で行くと、前に失敗したから気をつけよう…」

と脳裏に感じています。


このポーズは前に失敗してしまったからポーズの資料をよく見よう。

この服は前にこの部分が間違っていた。

この色を使うと、絵が汚くなる。

など、前に間違いを経験しているから、正解の描き方ができたりするのです。


失敗への道をつぶしてきたからこそ、正解の道を選べるようになります。

絵を描き続けていさえすれば、いつか正解の道を歩めるのですから、失敗は失敗ではないのです。

スポンサーリンク

GENKOSHA DIRECT

pdfの電子書籍が買える!
個人利用なら、スクショでトレース可!

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次