「否っ!否っ!」ヘブンバーンズレット・桐生美也と、雑学

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

イラストで大事なのはストーリー!

AIでのイラスト精製技術も進歩し、作画技術をAIで補うことができるようになってきました。

なので、イラストにストーリーをつけるという人間らしい作業は、

これからの絵作りにより求められることではないでしょうか?


本記事では、筆者の作画したイラスト「桐生美也」(以降みゃーさん)の、作画ストーリーについて書きたいと思います。

目次

イラストの元ネタと日本書紀

ゲームの元ネタ

イラストの元ネタは、大人気ソーシャルゲーム・ヘブンバーンズレッドからです。

10月23日現在開催中のイベント「神託と白百合の花」のストーリーを元ネタにイラストを描きました。

(部隊長・白河ユイナとみゃーさんの話の掛け合いが面白かったので、筆者はひらめきました💡)


この「神託と白百合の花」には、みゃーさんの愛する日本の始まりとなる日本書記が引用されています。

ざっくり要約「日本の始まり」


世界がまだ形作られず、混とんとしていた時代。

そこに現れたのが、イザナギ(男神)とイザナミ(女神)でした。


「混とんとした世界に「天の沼矛(アマノヌホコ)」を突き刺し、大地を作りなさい」

天の神様はイザナミ、イザナギに命じました。


天の沼矛を世界に突き刺し、固まってできたのがオノゴロ島(現在の淡路島北端)です。

オノゴロ島には宮殿が立ち、立派な柱が立っていました。


あまりに立派な柱だったので、イザナミとイザナギは、

「この柱を一周回ったところで、契(ちぎ)りましょう💕」

と約束を交わします。


二人が契った結果、失敗はありましたが、石・土・風・海・木・山の神様が生まれます。

これが「国生み」といわれる日本の始まりです。

詳しくはこちら

日本の美しさとS字

今回筆者が描いた、みゃーさんのボディーラインをご覧ください。

S字ラインが意識されているのがお判りになると思います。


実はこのS字ライン。

日本の建造物の中にも意識して使われています。


S字ラインがつかわれている代表的なものが、「日本庭園」です。


日本庭園の石の配置、木の配置、建物の配置などが、S字を意識して配置されるらしいです。


S字と言えば女性の体です。

女性を横から眺めると、美しい活き活きとした女性の体のラインは「S字」になっています。


生命の本能は、「生命を生み出す女性の体」に関心が向かうものです。

美しさとは、人が生や活動を求める姿なのかもしれません。

「守りましょう…。日本の文化を…。」

みゃーさんの登場するシーンに使われる言葉が、

「守りましょう…。日本の文化を…。」

です。


ヘブバンの作中では、雅(みやび)でおしとやかなみゃーさんの容姿とはうらはらに、

「日本伝統文化保存同好会」への強引な勧誘を行ってきます。


身なりからは想像できない彼女の性格はさておき…。

私たち日本人は、美しい建物、美しい伝統工芸、美しいオタグッズを生み出してきました。

伝統的技法で作られた別府温泉「温泉閣」さんのプリン


彼女が守ろうとした日本の美しい伝統文化には、イラストレーターの端くれである筆者も共感するところです。


しかし、

みゃーさんが守ろうとしているのは、生命そのものではないでしょうか?


彼女が地球外生命・キャンサーに立ち向かい人類を守る姿…

歴代の人が守り続けた、伝統や文化があるからこそ、

現在華やかな娯楽があり、生きるための仕事になっています。


文化も芸術も、引き継がれる命により伝わってきました。

その命をつないできたものが、イザナギ、イザナミよろしく

否、否、…

すべては言うまい…

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

GENKOSHA DIRECT

pdfの電子書籍が買える!
個人利用なら、スクショでトレース可!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次